【動画解説】WordPressプラグイン「Shortcodes Ultimate」で動くボタンの設置方法

「Shortcodes Ultimate」で動きのあるボタンの設置方法

記事中で、「公式サイトはこちら」や「詳細はこちら」などのリンクボタンを設置する場面は多くあると思います。ボタンにちょっとした動きを付けることで、注目を集めクリック率の向上にもつながります。

どうですか?動きがないボタンよりも、思わず注目してしまいますよね?


この記事では、WordPressプラグイン「Shortcodes Ultimate」の「ボタン機能」と「アニメーション機能」を使い、動きのあるボタンを設置する方法を動画を交え解説しています。

未来派
未来派
動きのパターンはたくさんあるのでいろいろ試してみてください!

ボタン設置とアニメーション機能の解説動画

WordPressプラグイン「Shortcodes Ultimate」を使い、ボタン設置、作ったボタンに動きを持たせる手順を動画にまとめました。

ボタンをアニメーション化するときのポイント

動くボタンを設置するときのポイント

「Shortcodes Ultimate」の「アニメーション機能」を使うとき、事前に作ったボタンのショートコードをそのままコピーしてコンテンツにペーストしましょう。

ボタン以外にもこのサイトのサイドバーにあるバナーのように、画像のコードを貼り付けることで動きを持たせることが出来ます。

すべてのボタンに動きを持たせると、閲覧者は逆にうっとおしく思ってしまうので、商品やサービスを紹介するランディングページの重要なボタンで使うと効果的です。

未来派
未来派
アニメーションは「ここぞ!」というときに使うようにしましょう。

コメントは受け付けていません。